このたびの九州、熊本・大分地方で発生した地震により被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。

| スケジュール | 入会案内| サイトへのお問合せ |  Facebookページ |

新着情報

スケジュール

PDF形式のファイルを開くには

  • Adobe Reader (旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    アドビリーダーダウンロード

全国大会2016 追加募集のお知らせ

http://miura-ayako.com/images/zen_16 三浦綾子読書会全国大会〜琵琶湖のほとりに光を見た
10月27日(木)〜29日(土)
宿泊,メイン会場:滋賀県 雄琴温泉 里湯昔話 雄山荘(HP


好評につき参加希望の方が増えましたので、バスを1台増やしました。その結果、若干ですがバスの座席に余裕が生まれましたので、追加募集を行います。

<留意頂きたい点>
〇 満席になり次第締め切りとなりますので、その点ご留意ください。
〇 既にシングルルームは満室ですのでお受けできません。
※相部屋になりますのでその点もあらかじめご留意ください。

<追加募集の申込>
座席数はそれほど多く御座いませんので、必ずまず大会事務局にメールでお申込みください。追加募集受付窓口メールアドレス:kamiwaainari_ayako☆yahoo.co.jp
(メールアドレスは☆の箇所を@マークに変えてご利用ください)
※申込の到着順に整理をしてゆきますので、宜しくお願い申し上げます。
ご案内−読書会代表 森下辰衛
今回のテーマは「琵琶湖のほとりに光を見る」です。主の言葉に従ってアシュラム運動に献身した”ちいろば”榎本保郎の目に琵琶湖はガリラヤ湖に見えました。細川ガラシャにとっては人間として愛し養ってくれた明智の父母の愛の水でもあったでしょう。『ちいろば先生物語』と『細川ガラシャ夫人』をテーマに、榎本和子先生、恵先生、そして中村啓子さんが読むガラシャにも会える特別な三日間です。紅葉の始まる秋の琵琶湖で、お会いしましょう。

詳しくは 大会チラシPDFをご覧ください◇
10/27(木)12:30 JR近江八幡駅集合
近江八幡ヴォーリズ建築ツアー、アシュラムセンター訪問(榎本和子先生との懇談等)、夕食、交流会
宿泊:雄琴温泉 雄山荘

10/28(金)
9:00 『細川ガラシャ夫人』文学散歩(西教寺、坂本城址ほか琵琶湖西畔地区)、昼食 坂本鶴きそば
13:30 講演会・シンポジウム(講演:遠藤優子先生、みんなで読書会ほか)
15:30〜美味しいお茶の淹れ方等、夕食、報告・交流の会
21:00 三浦綾子読書会総会
宿泊:雄琴温泉 雄山荘

10/29(土)
10:00 長岡京市『細川ガラシャ夫人』文学散歩(勝龍寺城ほか)
13:30 『細川ガラシャ夫人』朗読会〜朗読:中村啓子、解説:森下辰衛
(長岡京市中央生涯学習センターバンビオ
15:30 現地解散
<参加費>
全参加の申込み終了(2日目、10/28からはまだ申込可)
全参加(2泊3日5食):読書会会員 33,000円一般 35,000円
1泊2日2食: 読書会会員 23,000円、一般 25,000円
(各地移動バス代、食事代含む。なお飲み物は各自でご注文、ご準備ください)
※部分参加も可能、シングル部屋、ご家族での部屋ご希望は追加料金でご用意できます。ご相談ください。
また食物アレルギー、そばアレルギー(28日昼食)の方は事前にお知らせください。
<申込>
締切 9月末日 (先着順で人数になり次第締め切ることがあります)
郵便局の振込用紙に、参加日程、参加全員の氏名(フリガナ・性別)、ご依頼人には代表者の氏名、連絡先(できれば携帯)を記載ください。後日、大会のしおりなどを送付。
郵便振込口座:00190-5-582581 三浦綾子読書会

大会事務局 西海(ニシウミ) メール(西海)
または森下(モリシタ) メール(森下)

主催:三浦綾子読書会

「銃口」展のお知らせ

綾子さん最後の長編小説「銃口」が、今の私たちに語りかけていることは何か。  人が人らしく生きることができるとはどういうことなのか。

http://miura-ayako.com/images/jukou_2016 三浦綾子記念文学館で展示されたパネルをお借りして、東京・渋谷で「銃口」展を開催することとなりました。
詳細は左のチラシ(pdf)をご覧いただき、来場可能な方は是非お越しください。




このためにかかる費用の応援も募っております。

通信欄等に「銃口展のため」と記載して下さい。

振込先は下記の通りです(振込手数料はご負担願います)。いただいた応援の合計金額が必要経費を上回った場合は、読書会の一般会計へ振り替えさせていただきますことを予めご了承下さい。

●ゆうちょ銀行(郵便局)から振込む場合
  00190−5−582581 三浦綾子読書会

●ゆうちょ銀行以外の銀行等から振込む場合
  ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキユウ店)
  当座 0582581 三浦綾子読書会

皆さまの応援をよろしくお願い致します。


読書会ツアー部門企画 旭川"三浦綾子文学"ツアー

http://miura-ayako.com/images/tour/pdf_asahikawa.pdf三浦綾子初代秘書 宮嶋裕子さん

『 五年位前「私に与えられた私にしか出来ない事は何か?秘書の目で見た綾子さんの生き様を語り伝える事ではないか?」と強く思わされた。その思いを三浦綾子読書会の長谷川先生にお伝えして実現したのが、三年前の香港マカオ、二年前のシアトル、共に小説「海嶺」の舞台への旅であった。そして昨年の旭川ツアー。行く先々で綾子さんとの思い出を語り続けた。』
 昨年はあまりの楽しさに、旭川から戻ってすぐ次のツアーの相談を始めたが、何と秋になって癌が見つかり、上顎の半分を切除する手術をした。転移の心配はなくひたすらリハビリの日々を過ごしているが、だから尚のこと、私が生きて語れる今の内に、三浦文学ゆかりの地をご案内したい。心からのお誘いと思いを込めて。』


2016年6月28日〜6月30日
ツアーリーダー 長谷川与志充師(三浦綾子読書会顧問、東京JCF牧師)
特別ガイド 宮嶋裕子氏(三浦綾子初代秘書)

詳しくは予定表 または、チラシ(pdf)をご覧ください。

問合せ先:三浦綾子読書会ツアー部門 長谷川


三浦綾子読書会全国大会(東京)

http://miura-ayako.com/images/zen_2015.pdf2015年11月6日(金)、7日(土)
会場はJR御茶ノ水駅周辺(3カ所)で行います。 詳しくはこちら

6日の分科会Tと記念集会、7日の記念集会と演劇には手話通訳があります。
6日の三浦光世記念集会では昨年10月30日、天に召された光世さんのとっておきの思い出などを聴きながら、偲ぶときです。
7日、三浦綾子記念集会(会場:御茶ノ水キリストの教会)では稲葉寛夫氏(チアにっぽん代表)の講演を行います。『銃口』執筆時期、NHK旭川放送局ディレクターとして三浦綾子を撮ったエピソード、絵本『したきりすずめのクリスマス』の企画の思いなどを語っていただきます。
14:00からは「YMCAアジア青少年センター」で、劇団ぶどうの木による「演劇『したきりすずめのクリスマス』」と森下辰衛代表の講演を行います。
大会主催/演劇協賛 三浦綾子読書会

塩狩峠 朗読公演−中止のお知らせ−

http://miura-ayako.com/images/siokari1012.pdf 塩狩峠朗読公演は、出演者の体調の問題により中止となりました。
ご来場を楽しみにしていらっしゃった皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

10月12日(月)13時30分 開場
14時 開演−15時 終演
会場 桐生市市民文化会館小ホール

※JR桐生駅から徒歩9分
出演:三浦綾子読書会 朗読部門
司会:飛田紀代美(元SBS静岡放送アナウンサー、テレビ/ライフラインナレーター、ラジオ/世の光パーソナリティ)

朗読指導:中村啓子(読書会朗読部門講師、「おかけになった電話は...」でおなじみのdocomo留守電電話サービスやNTT時報の声として広く親しまれているナレーター。日本オーディオ協会から第13回「音の匠」顕彰)

7月28〜30日 旭川ツアー

http://www.hisplan.jp/pdf/2015Asahikawa.pdf 当会顧問(前代表)の長谷川与志充と三浦綾子初代秘書の宮嶋裕子さんが同行する、7月の旭川ツアーのお知らせです。
観音霊園(三浦夫妻のお墓と礼拝)、三浦綾子記念文学館や塩狩記念館(旧三浦宅)、塩狩記念館での講演会。月形樺戸博物館や道ありき文学碑や泥流地帯の碑などを巡ります。
美瑛、富良野の観光もありますよ。


最終締切 6月25日 (お早目のお申込みにご協力ください)
【日時】7月28日(火)〜7月30日(木) 2泊3日
【現地費用】
ツイン:58000円 シングル:64000円(別途新千歳までの航空券代)
(宿泊費、新千歳空港からの交通費、入場料、朝食2回 昼食2回 夕食1回含む)
詳しい内容(PDFチラシ)はこちら
【お問合わせ】メール(読書会ツアー部門:長谷川) または 090-8174-6075(ヒズプラン担当:松崎氏)
このツアーの旅行取扱サイトHisPlan(ヒズプラン)もご参照ください。


朗読公演『「氷点」 朗読・中村啓子/案内人・寺内夏樹』

http://www.towa-kotoba.net/ あのドコモの留守番電話サービスをはじめ、NTTの声として、時報、番号案内などでもおなじみの声の主であり、当会の朗読講師であるナレーター中村啓子さんの朗読、案内人に元NHKアナウンサー、寺内夏樹さんの朗読公演のお知らせです。

※詳しくは左画像をクリック下さい。
詳細、ご予約もいただけます。


【日時】5月30日(土)14:00〜15:00(開場13:30)
【会場】 響きの森文京公会堂 文京シビックホール 小ホール
【交通】
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央総武緩行線「水道橋駅」徒歩約10分
【チケット】 3,000円(全席自由席)
ご予約・公式サイト:www.towa-kotoba.net


演劇『本当によかったわね(原作:この土の器をも)』

昨年、三浦綾子記念文学館で上演し、病床の三浦光世さんにも病室でご覧頂いたというこの作品は、訪れた方に「まるで三浦綾子が生き返ってきたよう」と好評を博しました。
詳しくはこちら(PDF/2ページ)でもご覧いただけます。

【日程】
5月22日(金)15:00開演/19:00開演
5月23日(土)15:00開演/19:00開演
5月24日(日)11:00開演/15:00開演

【場所】 ギャラリー・ルデコ
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル
★JR渋谷駅新南口から徒歩1分(渋谷駅東口から徒歩5分)
【料金】 全席自由:3,000円(当日:3,500円)
【予約方法】 http://sugaimaiko.com/
上記のホームページ「OPEN」をクリックすると予約入力フォームにとびますので、必要事項を入力して直接お申込みください。
「郵送希望(事前振込)」と「当日精算」方法が選べます。

2014年12月の会報

三浦光世さんは2014年10月30日に召天されました。12月の会報には光世さんへの証しが掲載されました。
トップページのみですが、読書会の森下辰衛代表の巻頭言をこちら(PDF)でご覧いただけます。






クリスマス『受胎告知』コンサート

11月28日(金)、東京 御茶ノ水でコンサートを開催します。PDF
内容は青木記代美さんの絵画解説と、ソプラノ 前田めぐみさん、ピアノ 菅野万利子さんをお迎えしたコンサートです。

演奏予定曲目(抜粋)
♪ 久しく待ちにし
♪ アヴェ・マリア(カッチーニ)
♪ 〃 (バッハ=グノー)
♪ 〃 (シューベルト)
♪ 〃 (マスカーニ)
♪ Let it be (ビートルズ) 
♪ O Holy Night (アダン)   ♪ ほか ※詳しくはこちら。

三浦綾子召天15周年記念集会

10月18日土曜、東京御茶ノ水で開催します。

第1部、三浦綾子特集番組のDVDを上映後、宮嶋裕子さん(三浦綾子初代秘書)の司会で、対談者に森重ツル子さん(メディアプロデューサー)をお迎えしての座談会を。第2部ではパネルディスカッション(テーマ 「銃口」)を行います。

詳しくはこちら。


三浦綾子『道ありき』  文学散歩 と 文学碑除幕式

三浦綾子読書会全国大会 旭川
 三浦綾子『道ありき』
 文学散歩 と 文学碑除幕式


6月27日(金)『道ありき』文学散歩、6月28日(土)三浦綾子『道ありき』文学碑除幕式とシンポジウムを行います。
除幕式やシンポジウムのみ参加の方は特に費用はございません。詳しくはこちら。 (PDF


3,4月の主な催し

 ”ありがとう、いのちの絆”水野源三・三浦綾子

3月29日(土)13:00〜
 会場:青葉台ナザレン教会
 内容:ドキュメントビデオ 「生きる」
 (生前の源三さん、綾子さんの感動の映像記録)
・清水美和子
講演「瞬きでの源三さんの言葉に励まされ続けて」
 (ビデオ「生きる」に出ている清水一秀さんのお母さん)
- うた 飯塚道夫 ピアノ 市原典子 -
 ・中村啓子 朗読「水野源三の世界〜わが恵み汝に足れり」
 (ナレーター(NTT時報、docomo留守電サービスの声など))
 ・土屋浩志 講演「綾子さんと源三さん〜寝たきりからの福音」
  ※司会と詩のショート解説 森下辰衛

◎「氷点」入選50周年記念集会
4/11(金)11:00〜13:00 会場:お茶の水クリスチャンセンター 8階チャペル
内容:「氷点」の解説 森下辰衛(読書会代表、三浦綾子記念文学館特別研究員)
「氷点」の朗読 中村啓子(読書会朗読会講師、ナレーター(NTT時報、docomo留守電サービスの声など))
「氷点」入選50周年記念講演
・込堂一博(元旭川めぐみキリスト教会牧師、「三浦綾子100の遺言」著者)
・宮嶋裕子(三浦綾子初代秘書、「三浦家の居間で」著者)

『塩狩峠』に関連する催し

◎『2014年 冬に三浦文学の舞台・旭川近郊を訪ねる旅』
2月26日〜3月1日
小説『塩狩峠』主人公のモデルである、長野政雄さんが召天された1909年2月28日から105年。塩狩峠を訪れる人は、いまも絶えません。
『氷点』『塩狩峠』『道ありき』が執筆された三浦ご夫妻の旧雑貨店が移築され塩狩峠記念館として開放されています。
毎年2月28日に、塩狩峠で長野さんの記念会が開かれます。
この記念会にあわせた旅のご案内です。→詳しくはこちら。

◎−メモリアルデーに贈る−塩狩峠 朗読公演会
2月28日(金)13時〜
東京・お茶の水クリスチャンセンター
T部:朗読、U部:お話 中村啓子/ナレーター(NTT時報、docomo留守電サービスの声など)
長谷川与志充/東京JCF牧師、三浦綾子読書会顧問)
読書会朗読会では講師にナレーターの中村啓子さんをお迎えしております。


水野源三詩集出版記念 三浦綾子読書会全国大会 2013

10月19日に長野県坂城町で全国大会を開催します。チラシPDF
前日18日には文学散歩(無言館の観覧、水野源三文学散歩、平和コンサート(チラシPDF)の参加)
19日に記念講演会(榎本恵師、宮嶋裕子さん、水野さんに洗礼を授けた宮尾牧師の娘・宮尾友子さん、西海寿子さん)と阪井和夫さん浜田盟子さんによる水野源三の詩のコンサートなどを行います。

2012年にナレーター中村啓子氏(当会の朗読部門講師)の朗読付き詩集「TOMOセレクト「私は私らしく生きる 水野源三詩集」(森本二太郎氏の写真・中村啓子氏の朗読CD付)が、2013年4月に森下代表の編集の「水野源三精選詩集 わが恵み汝に足れり」が日本キリスト教団出版局で発行されました。

今年9月16日には全国大会に関連した特別集会があります。
”『ありがとう、いのちの絆”水野源三・三浦綾子』
※台風接近のため、9月16日の集会は中止いたしました。

特別献金のご報告

特別献金のご報告 今回は3回目でしたが、前回より多くの方がご献金くださり、額も多くなりました。本当に心強く、うれしく、感動して、感謝いたします。大切に、また有効に使わせていただきたいと思います。(2013.8)
特別献金のご報告

NEWS

  • 9月 ホームページリニューアルしました。


綾子さんの心を引き継ぎながら、三浦綾子作品を中心にして開かれる学びと交わりの会です。
読書会(談話会)、講演会、作品の舞台への文学散歩やツアー、朗読会なども開催しています。
どうぞ自由にご参加ください。

三浦綾子記念文学館では
『塩狩峠』50年
 三浦文学でまちおこし」
小説の舞台をつなぐ初の地域連携のイベントを行います。どうぞご期待ください。

作家デビューの作品である『氷点』から50年。三浦綾子記念文学館では「『氷点』50年記念事業」を行っています。
『氷点』50年記念出版◆
 『氷点』解凍 /森下辰衛 (著)
2011年度文学館での12回連続講演「読みつくす『氷点』に加筆した特別研究員である著者による初の評論集。

小学館から三浦綾子氏の電子書籍による全単独著作の全集を配信しています。

2013年6月に全80作品を配信完了しました。
配信にあたっては特典として著者自身による自作解説エッセイや光世さんによる創作秘話などが付けられて、全点一律525円(税込)で販売されてます。

詳しくは小学館のebooksサイトに「三浦綾子電子全集」のページが解説されています。
Photo by m-style. Base Template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2016 三浦綾子読書会 all rights reserved.